親からひき次いだ底地を不動産会社に売るという選択もある

SITEMAP

芝の家

底地にかかる相続税

底地は相続税では、「更地評価額×(1-借地権割合)」として評価されます。借地権割合とは、相続税を算出するにあたって国税庁が出している路線価図に記載されているもので、住宅地だと60%とされているのが一般的です。何が60%なのかというと、土地の完全な所有権の60%部分が借地権の評価額ということです。
反対に考えると、「底地+借地権=土地の完全な所有権」ですので、100%(土地の完全な所有権の評価額)のうち60%(借地権の評価額)を引いた残りの40%が底地の評価額となります。それが、上記の公式になります。Aは評価額2000万円(借地権割合60%)の土地をBに貸しました(底地所有者はA、借地権者はB)。この状況でAが亡くなり、Aの子のCが底地を相続したとします。この場合、底地の相続税を算出するにあたっての底地の評価額は、2000万円の40%、すなわち800万円となり、これを元に相続税が算出されます。
CはAから底地を相続したものの、相続税を捻出することができないため、底地を売却することになりました。しかし、収益性から考えても地代は低く、魅力的ではない。結局、200万円で買ってもらいました。しかし、今度はこの200万円について譲渡所得税がかかってきます。相続税と譲渡所得税を足した額が、底地の売却価額よりも上回ってしまうということはよくあります。

RECENT ARTICLE

底地所有者と借地権者の印象

日本住宅総合センターが東京都および大阪市における借地実態調査をしたところ、底地所有者(土地の貸…

Button

底地の相続手続き

底地の所有者が亡くなり相続が始まると、非常にやっかいなことがおきます。通常、相続財産は各相続人…

Button

底地の共同相続

底地の所有者Aには、B、C、Dの3人の子がいたとします。配偶者は既に死去しています。そ…

Button

底地にかかる相続税

底地は相続税では、「更地評価額×(1-借地権割合)」として評価されます。借地権割合とは、相続税…

Button

» SITEMAP